「悪夢」

『あぶない刑事』
☆My favorite episode vol.19☆
#51終 「悪夢」(1987/9/27放送 視聴率21.5%)
人質を取った強盗犯を追うタカとユウジ。
 その際、別件で殺されるとの110番通報を受けるも、
 目の前の強盗犯をパクる二人。
 ほどなくその通報先に向かうパパとナカさんだったが、
 現場には殺された男の死体があった。
 が、その殺人犯もタカとユウジにより逮捕。
 2つの事件は解決したかと思われたが、
 ランチ中のタカとユウジに凶弾が襲う。
 弾はユウジの肩を掠め命に別状はなかったが、
 狙撃してきた男は姿をくらます。
 その現場には、
 110番通報の一件で殺された、
 山中一郎のアドレス帳が落ちていた。
 どうやら山中一郎の親しい人物による犯行で、
 捜査課に対しての逆恨み、
 復讐によるものと推測するのだった。
 しかし、山中には身内や親しい関係者がいなかったことから、
 だれが山中の復讐をしようとしたのか見当がつかなかった。
 すると、
 先ほど110番通報をしてきた男と
 よく似た声の男からの電話が港署にかかる。
 どうして助けに来てくれなかったのかと~。
 まるで恨みを抱くようにして電話は切られた…。
 鑑識の結果、
 かかってきた2つの電話の声が同一人物と特定。 
 がそこへ、
 帽子を被った白ずくめの男がショットガンを乱射して現われた。
 無差別乱射に遭う港署内。
 タカは、
 車で逃走した白ずくめの男をバイクで追跡。
 撃ち合いの末追いつめたが、
 車に男の姿はなかった。
 消えるように消息を断った男に対して、
 タカは疑念を抱く。
 その後、
 白ずくめの男による派出所、パトカー襲撃事件が発生。
 もはや男の狙いは、
 警察なら誰でもよかったのだ。
 タカとユウジは、
 警察に恨みを抱くと思われる者を心当たりに捜し回るが、
 該当人物は見当たらなかった。
 その後、
 白ずくめの男が使用していた車を調べると、
 レンタカーであることが判明。
 なんと借り主は、
 死んだはずの山中一郎だった。
 とんだ幽霊騒動となる捜査課。
 すると今度はパトカーが襲撃された。
 ホシはまたしても白ずくめの男。
 一方カオルは、
 別件で行方不明の少女の捜索をしていた。
 その最中、
 白ずくめの男と出くわしてしまう。
 必死に拳銃で応戦するものの全く歯が立たず、
 逃げ惑うカオル。
 そこへタカとユウジが駆け付け、
 カオルは再び少女の捜索、
 タカとユウジは男との銃撃戦に突入する。
 手強い男~。
 ようやく男を追い詰め、
 撃ち抜いたかに見えたが、
 男は再び立ち上がる。
 二人もまた引き金を弾く。
 しかし男は、
 二人の前で消えるように海へと姿を消してしまうのだった。
 呆然とするタカとユウジ。
 男の正体は、
 いったい?
銃撃戦にカー&バイクアクション、
  各キャラクターの個性も存分に活かされた、
  集大成のTVシリーズ最終回!
  なんといっても、
  “幽霊”とのバトルがメーン。
  幽霊であろうとなかろうと、
  警察への挑戦に二人が黙っていられるはずがない。
  そんな者に対して逮捕ではなく、
  “退治”するのみ!
男の正体はいったいなんだったのか~。
  身元を割り出せという課長に、
  「正体はわかってますよ!」と言うユウジ。
  ユウジが本当のことを言う前に、
  「そんな気がしたんです…。」とタカはユウジを制し、
  非現実的な事は言えなかった。
ラストもまたカッコイイ!
  男が海へ消えた現場で、
    ユウジ:「怖くなったんじゃねぇのか?」
    タカ:「何が?」
    ユウジ:「デカの仕事…。」
    タカ:「全然…。お前は?」
    ユウジ:「こんな楽しいアソビはないね!」
    タカ:「ロクな死に方しないぞ。」
    ユウジ:「タカもな…。」
  振り向いてストップモーション、
  発砲する二人。
  今日もハマを駆ける!
ユウジ曰く、
  “小林麻美モドキ”の人質を放っておくわけにはいかなかった!?
  もう一言、
  ヒゲを生やしているヤクザは自己顕示欲が強いらしい。
  狙撃されたユウジ~。
  そのときのコメントは「人気者はツライ!」
  さらには、
  娘の運動会に出て
  コケて全身包帯だらけの情けない殺し屋に対して、
    ユウジ:「それでも殺し屋かよぉ~。
         情けねぇなもぉ~。
          しっかりしてくれよ、
          ゴルゴ・セブンイレブン!」
今に始まったことではないが、
  カオルは射撃がヘタ。
  そんなカオルは縁談に響くと思ってか、
  今まで高所恐怖症だったことを隠していた。
デートのため土曜日の宿直を変わってほしいと必死のトオル。
  結局、ナカさんが犠牲となったようだ。
  トオルは第1話でも、
  デートのため早々に仕事を切り上げている。
  ちゃんと仕事をしましょう~。
下痢気味のナカさん。
  パパにトイレが長いと突っ込まれると、
  チャックが壊れていたと弁解する。
  そのナカさんはユーレイに詳しく、
  なんでもユーレイは、
    女コイたり、
    強盗コイたり、
    立ちションコイたり、
    禁煙パイポで健康に気を配っている、
  ユーレイがいるそうだ。
オープニングの強盗犯との現場は、
  横浜『松坂屋』のオモチャ売り場。
タカとユウジがランチをしていた場所は、
  スターホテル屋上。
カオルが白ずくめの男と出くわした場所は、
  米軍キャンプ跡地。
#28「決断」、#41「仰天」に続いての3度目の港署襲撃。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック